ラーメン屋 三銃士 新松崎店 深みある旨味の濃厚鶏白湯

今回ご紹介するお店は新潟市東区の「ラーメン屋 三銃士 新松崎店」です。

背脂三銃士がリニューアル

こちらのお店は、だるまやグループのお店で、元々「背脂三銃士」として営業していましたが、今年の7月にコンセプトを変えリニューアルオープンしました。

以前は背脂をメインに据えた構成でしたが、リニューアル後は鶏白湯スープ、魚介出汁を活かしたメニュー構成へと変化しました。

スポンサーリンク

豊潤な旨味の鶏白湯

看板メニューはこちらの一杯です。

塩らーめん

スープ

写真を見ても分かる通り、白濁した濃厚な動物系スープとなっています。

口に含むと広がる鶏の風味が特徴的です。
鶏白湯スープには程よいトロみもあり、ねっとりとした舌触り、そして、コク深さがとても印象的ですね。

そこに加わる各種素材の旨味が重なり、重層的な味わいとなっています。

 

細麺に旨味たっぷりな鶏白湯スープが良く絡みます。

麺のパツリとした食感とスープの相性が良いですね。

 

とてもクオリティが高い鶏白湯塩ラーメンでした。

魚介香るあっさり醤油

続いての一杯はこちら

醤油らーめん

スープ

濃厚系な塩とは対照的にこちらはあっさりとした飲み口の醤油スープとなっています。

魚介風味が漂い、しっかりとした旨味、醤油の風味などバランスの良い仕上がりのスープです。

 

あっさり醤油スープと歯切れ良い細麺が良く合います。

具材たっぷりまぜそば

汁無しタイプの一杯も提供しています。

塩まぜそば

玉ねぎ、挽き肉、卵黄等、具材がたっぷりとのっています。

 

しっかりと混ぜて頂きます。

 

下にあるタレと具材をしっかりと混ぜ合わる事で、麺に味や食感のアクセントが加わります。

 

下にあるタレはレンゲですくえる位多めに入っています。

濃厚系スープの様なコッテリ系のタレの旨味が麺に絡んできます。

 

麺を食べ終わった後、残った具材やタレに+120円の半ライスを追い飯として投入するのがお勧めです。

まとめ

新潟市東区の背脂三銃士が「ラーメン屋 三銃士 新松崎店」と店名を変えリニューアルしました。

濃厚な味わいの鶏白湯スープが美味しい「塩らーめん」

あっさり魚介系の「醤油らーめん」

具材たっぷりな「塩まぜそば」

等、個性的な魅力を放つ各種メニューを提供しているお店です。

 

ラーメン屋 三銃士 新松崎店の詳細

コメント