夢を語れ新潟 新潟大学前駅近くで食べられる迫力満点なデカ盛り系

新潟市西区の「夢を語れ新潟」をご紹介致します。

 

インパクト満点なデカ盛り系

こちらのお店は、新潟大学前駅近くに2021年3月オープンとなりました。

デカ盛り系のラーメンを提供しており、盛りの良さによるインパクトなどが話題となり、オープン以来行列が出来ています。

各種有料トッピングに加え、野菜や背脂、ニンニク等の量が指定可能となっており、今回は2種のバージョンをご紹介したいと思います。

 

ちなみに駐車場はお店の近くに4台、少し離れたところに4台の計8台となっています。

駐車場の案内↓

スポンサーリンク

豚マシ、ヤサイマシは迫力抜群!

こちらのお店では、券売機でラーメンとトッピングの食券を購入し、カウンターに提示、そして、盛り付け時に「ニンニク入れますか?」と聞かれ、その際にヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメについて指定するというスタイルとなっています。

今回、まずご紹介するのはこちらの一杯です。

ラーメン豚マシ(ヤサイマシ)

トッピングの豚、そしてヤサイを増した事でかなりのボリューム感となります。

提供時には丼にお湯を注ぎ温めてからタレ、スープを注ぐ事で、熱々の状態で提供していました。

 

スープ

濃いめの醤油ダレの旨味が効いた濃厚系白湯スープです。

醤油ダレの強い旨味とスープの濃厚感がインパクト大ですね。

動物系白湯の濃度はこうしたスタイルのラーメンの中でも高い方かなと思います。

スープを煮込む寸胴で背脂を一緒に煮こんでいるのか、スープを丼に注ぐ際に手網で濾し、上からチャッチャと脂を振りかけていました。
この脂によるものか、または、タレなのか、若干の甘みある仕上がりとなっていました。

 

スープに浮く脂とは別に、上にのる背脂は別に仕込んでおいたものを提供時にのせます。

こうしたスタイルのラーメンは、野菜の水気等でスープが薄まっていったり、序盤はほぼ野菜の味だったりする事がありますが、こちらの一杯は野菜にも味が馴染み、そうした事がほとんど気になりませんでした。

トッピングの豚は、ダイナミックにカットされ分厚く噛み応えがありました。
肉の歯ごたえある食感と脂身の柔らかさを楽しめます。
味の染み込みも良く、肉の旨味もしっかりと残ったチャーシューでした。

 

がっしりとした食感の太麺です。

濃厚系スープに良く合いますね。

麺量は通常で300g、麺マシにすると400gと、一般的なラーメン店に比べるとかなりボリュームがあります。

麺だけでもかなりの量があるので、豚マシ、野菜マシにした事でかなりの量でした。
そして、ヤサイマシマシは、更なる盛りの良さとなります。

大食い自慢の方は是非チャレンジしてみて下さい。

生卵もお勧め

有料トッピングとして生卵も提供しています。

良くかき混ぜ、麺を玉子につけてすき焼きの様にして食べると良いでしょう。

また、最後に残った玉子にスープを注ぎ、ツルンと飲んでも美味しく頂けるかと思います。

ヤサイ、アブラ少な目

もう一杯ご紹介したいと思います。

ラーメン(アブラ少な目)

背脂は指定しないとデフォルトでもかなり多めなので、脂身が苦手な方は少なめとすると良いでしょう。

まとめ

新潟大学前駅近くにオープンした「夢を語れ新潟」

インパクト満点なデカ盛り系な一杯を提供しています。

大食い自慢なフードファイターは是非一度チャレンジしてみて下さい!

 

夢を語れ新潟の詳細

コメント