麺処 担熊 担々麺専門店が提供する黒胡麻の香り満点な一杯

新潟市中央区の「麺処 担熊」をご紹介したいと思います。

新潟駅南の担々麺専門店

新潟駅南に2020年9月にオープンしたこちらのお店は、店名の「担」にある通り担々麺のみを提供する専門店となっています。

場所は笹出線沿いのBSNアイネットがある交差点を紫鳥線、バイパス方面に行くと左側にあります。
お店の前は笹出線側に向かって一方通行となっていますが、お店に駐車場は無いので、笹出線沿いのコインパーキングに車を停め歩いて行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

黒胡麻風味香る「担々麺 黒」

店主イチオシの一品がこちら

担々麺 黒

黒色のスープは見た目のインパクト満点ですね!

黒胡麻がたっぷりと使われ、強い胡麻の香りが特徴的です。

辛みのみならず、シビレ感もあり、胡麻のコク・濃厚感にカラシビなアクセントが加わり、インパクト満点な味わいとなっています。

辛さは1辛から5辛が選択可能となっており、通常は「3辛」との事です。
こちらは3辛を選びましたが、程よい辛さで食べやすさと適度なアクセントがちょうど良かったです。

 

麺は多加水の平打ち太麺です。

濃厚感ある黒胡麻担々スープが麺にしっかりと絡みます。

歯応えの強い太麺と濃厚黒胡麻スープの相性は抜群ですね!

 

トッピングとしては、定番の挽き肉に加え、チャーシューものっています。

他には、山くらげ、ネギ、水菜等がのっています。

挽き肉の弾力感と山くらげのコリコリとした食感が濃厚スープと良く合います。

穴開きレンゲも常備されているので、沈んだ挽き肉も余す事なく頂く事が出来ます。

 

とてもクオリティが高い担々麺でした!

スタンダードなスタイルの「担々麺 赤」

続いての一品は「担々麺 赤」です。

独特な雰囲気の「黒」とは異なりスタンダードなスタイルの担々麺です。

 

スープ

重厚な飲み応えのスープは胡麻のコクと辛味が効いています。

 

麺とスープの組み合わせも良いですね。

旨辛と濃厚感が楽しめる一杯ですね。

「これぞ担々麺」といった様な定番スタイルで、質の高さが光る一品でした。

豆乳が入りクリーミーな「白」

ラストの一杯がこちら

担々麺 白

白いスープです。

豆乳が使われているらしく、クリーミーな味わいです。

こちらは、辛さを抜きにしてみましたが、辛味のアクセントがなくても濃厚感と旨味により、飽きる事なく頂く事が出来ます。

 

麺に豆乳担々スープがガッツリと絡みます。

担々麺にお勧めなライス

担々麺のお勧めサイドメニューといえば、やはり「ライス」ですよね。

今回は半ライスを追加で頂きました。

濃厚で旨辛な担々スープとご飯の相性は最高ですね!

テーブル調味料で更なるインパクトを!

テーブルには花椒、白胡麻、酢が常備されています。

白胡麻で更なる胡麻感をプラスしたり、花椒でシビれ感をプラスし、インパクト満点な味としても良いでしょう。

最後の一つはラー油ではなく、酢が置いてあるのもポイントです。
酢を入れるとまた違った味が楽しめます。

まずは、普通に食べ進め、途中で味の変化を加えていくのがお勧めです。

まとめ

新潟駅南にオープンした担々麺専門店「麺処 担熊」

黒胡麻の風味満点な「黒」

スタンダードな「赤」

豆乳が入りクリーミーな味わいの「白」

それぞれがまた違った魅力を放つ一杯です。

独特な個性を放ちつつ、高いクオリティでインパクトある味に仕上がっているので、担々麺好きな方、辛いものが好きな方は是非一度お試し下さい!

 

麺処 担熊の詳細

コメント