支那そば 万作 あっさりながらも深みある味わいの支那そば

今回ご紹介するお店は、新潟市西区の「支那そば 万作」です。

黒埼PA近くの新店

こちらは黒埼PA近くにあった「よしざわ」の跡地に2022年6月にオープンしたお店です。

店名の通り「支那そば」を看板メニューに据え営業をしています。

今回はその看板メニューの一杯とサイドメニューにピッタリな一品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

丁寧な仕事が光る支那そば

今回ご紹介する一杯はこちらです。

支那そば

シンプルながらも綺麗な盛り付けが目を引きますね。

 

スープ

あっさりながらも深みある味わいの醤油味のスープです。

動物系、醤油ダレの旨味、魚介等の味がバランス良く合わさっています。

構成は不明ですが、ベースのしっかりとした動物系清湯に魚介が適度に加わり、上にはコク深い油(鶏油?)が浮いています。

 

シンプルな盛り付けとなっていますが、トッピングにもこだわりを感じさせます。

チャーシュー

弾力感があり肉の旨味をしっかりと残したチャーシューです。
甘みの味も特徴的です。

食感からすると、恐らくは焼き豚なのではないかと思われます。

一般的なラーメン店では、チャーシュー(焼豚)といいつつ大抵はスープや醤油ダレで煮た煮豚を使用し、肉汁をスープやタレに活かすケースが多いですが、中には焼豚を提供するお店もあります。

焼豚の場合、肉汁が肉に残り、また、熱の入り方の違いから歯ごたえある食感に仕上がります。

また、こちらの様に表面に色をつけるケースも多く、そうした場合、カットした際に周囲が赤くなっている事も多々あります。

 

折り畳み綺麗な麺線となっています。

適度な弾力感の細麺はあっさり醤油スープに良く合っていました。

 

また、写真左上のメンマは、コリコリとした食感が良く、洗練されたスタイルの支那そばのトッピングにピッタリでした。

サイドメニューにお勧めの半チャーハン

サイドメニューにお勧めなのが半チャーハンです。

ラーメン半チャーハンセットとしての提供ではなく、支那そばに加え半チャーハンの食券を購入するスタイルです。

 

半チャーハン(350円)

濃いめの味付けでパラパラとした食感のチャーハンです。

硬め食感のご飯とあっさり醤油スープの組み合わせが絶妙ですね。

お腹に余裕がある場合は、サイドメニューとしてこちらの半チャーハンを注文する事をお勧めします。

通常サイズのチャーハン(700円)も提供しています。

まとめ

新潟市西区、黒埼PA近くにオープンした「支那そば 万作」をご紹介しました。

看板メニューに支那そばは、出汁と醤油ダレのバランスが絶妙な一杯でした。
食感が良いチャーシューもお勧めです。

また、サイドメニューのパラパラ食感の半チャーハンもラーメンのスープとの相性も絶妙でした。

機会があれば是非お試し下さい。

 

支那そば 万作の詳細

コメント