とやの屋 2種のバターから選択可能な特選味噌

今回ご紹介するのは、新潟市中央区、和合線沿いの「MID GARDEN 堀之内店」にあるお店です。

 

今回ご紹介するお店はこちら

「とやの屋」

味噌が人気のお店が移転リニューアル

こちらは、元々「ラーメンとやの」として、近隣の店舗で営業していたお店です。

こちらのお店が出来てしばらくし「ラーメンとやの」が閉店し、11月1日に合体リニューアルオープンする事となりました。
そうした事もあり、ほぼ移転リニューアルといって良い状況かと思われます。

店内はかなり広めで開放感があります。
券売機制となっており、食券を購入しカウンターに渡すと半券を渡され、ラーメンが出来たら呼ばれるので取りに行き、食べ終わったら返却口に戻すというフードコートにも似たセルフサービススタイルとなっています。

定番メニューは「とやの」時代から変わらずバターがついた味噌ラーメンです。

今回はその味噌と数品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

定番メニュー「特選味噌」

まずご紹介するのはこちらのお店の定番の一杯です。

特選味噌

濃いめの色合いの味噌スープにチャーシュー、モヤシ、挽き肉、ネギといった具材がトッピングされています。

 

スープ

北海道直送の味噌をベースに数種の味噌・香辛料・香味野菜果実などを仕込んだ味噌ダレ、スープは豚骨魚介のダブルスープ、との事です。

風味豊かな味噌の香りが特徴的です。
スープの出汁感は味噌に隠れ気味ですが、味噌等に覆われつつもしっかりとしたベースを感じさせます。

 

中位の太さの麺は、もっちりとしツルツルとした質感です。

濃い味噌味のスープにはこうしたモチモチ麺が良く合います。

2種類のバターから選択可能

特選味噌は、ガーリックバターと鰹バターの2種類のバターから選択可能となっています。

今回はガーリックバターを選択しました。

香ばしいニンニク風味のバターの香ばしさとコクが味噌スープにアクセントを与えてくれます。

当然の事ながら、味噌スープとバターの相性は抜群でした。

具材豊富なまぜそば

続いての一杯はこちら

まぜそば

挽き肉、タマネギ、卵黄、ネギ等の具材がたっぷりとのっています。

 

麺はガッシリとした食感の中太麺です。

丼の底には旨味の強いタレがたまっているので、麺や具・タレをしっかりと混ぜ合わせてから頂きます。

旨味の強いタレと具の食感、麺の歯ごたえが楽しめる一品です。

 

追い飯付きとなります。

まぜそばの提供時、同時に渡されるので、麺を食べながら交互に食べても良いですが、やはり追い飯というだけあり、麺を食べおわった後の残った具やタレに投入するのが良いでしょう。

各種調味料が充実

カウンターにはかなり多くの種類の調味料が置いてあります。

醤油、酢、ラー油、唐辛子、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、タバスコ、からし、粉チーズ、マヨネーズ、餃子のタレ、かつ用ソース、おろしニンニクが置いてありました。

 

多彩な品の中から、今回はこちらの2品を試してみました。

おろしニンニクと粉チーズです。

おろしニンニクは、味噌ラーメンやまぜそばにインパクトを与えてくれます。

また、味噌ラーメンにはチーズが良く合うので、粉チーズはとても良い変化を与えてくれました。
まぜそばもジャンク系のタイプではチーズを使用するケースが良くあります。
この粉チーズを使用しジャンク系まぜそばに変化させても良いでしょう。
今回は試しませんでしたが、他にもラー油・マヨネーズなども、そうしたまぜそばに良く合うので、お好みで試してみると良いでしょう。

お得価格のミニ丼

こちらのお店では、麺類とセット+220円というお得価格でミニ丼を頂けます。

日替りらしく、この日はミニ鶏たれかつ丼と鶏おぼろ丼の2品を提供していました。

今回はこちらの一品を注文してみました。

ミニ鶏たれかつ丼

程よいボリューム感でラーメンのサイドメニューにピッタリですね。

まとめ

新潟市中央区、和合線沿いの「MID GARDEN 堀之内店」の「とやの屋」をご紹介しました。

ラーメンとやの時代からの定番メニュー「特選味噌」は、味噌風味豊かなスープと各種具材と麺の歯ごたえ、そして2種類のバターのアクセントを楽しめる一杯でした。

追い飯付きのまぜそばもお勧めです。

 

とやの屋の詳細

コメント