麺屋 玄洋 「貝塩ラーメン」は貝の旨味が押し寄せる!

新潟市東区の「麺屋 玄洋」をご紹介します。

新潟空港近くでこだわりの一杯を提供

こちらのお店は、2020年4月に、新潟空港近くのスーパーアトレの向かいにオープンしました。

貝出汁や鴨出汁を用いたスープなど、新潟市ではまだ珍しいスタイルの一杯を食べさせてくれます。

オープンからまだ2か月程ですが、こだわりの一杯を求めるラーメンフリークが通う人気店となりました。

スポンサーリンク

貝の旨味全開な「貝塩ラーメン」

まずは、こちらの一杯です。

貝塩ラーメン

スープ

タイトル通りに強い貝の旨味が印象的です。

説明によると貝出汁と鴨出汁のブレンドの様ですが、鴨はベースアップ的な役割に徹し、前面に出ているのは貝となっています。

スープの印象を大きく左右する油は鴨油との事ですが、それを目立たなくさせる程に貝出汁が主張しています。

それだけ貝の強い味が出ているのにも関わらず、綺麗にバランス良くまとまっているのが凄いですね。

 

滑らかな質感ながら、強い歯ごたえのある中細麺です。

あっさりながら主張の強いスープにピッタリ合う麺でした。

 

チャーシューは2種がのっています。

パストラミチャーシューと鶏のもも肉の低温調理チャーシューとのこと。

パストラミチャーシューは、軽くレアな仕上がりで肉の弾力感がありました。
製法による香りと香辛料のスパイシー感が肉のみならず、スープに良いアクセントを与えてくれます。

鶏チャーシューはしっとりとし、肉の旨味を存分に味わえる出来でした。

 

説明に「提供直前にホンビノス貝を入れ更に旨味を加えます」とあり、恐らくは提供時に手鍋で追い出汁的に調理しているのではないでしょうか?

 

随所にこだわりを感じさせてくれる一杯でした。

鴨の香り香るあっさり醤油

続いてはこちら

鴨醤油ラーメン

こちらは、タイトル通りに「鴨」が前面に出ています。

塩では分かりにくくなっていた鴨出汁と鴨油の風味をしっかりと感じ取る事が出来ます。

ただ、鴨のみが強く主張するのではなく、醤油の強い風味が鴨の臭いなどをうまく緩和し、お互いがうまく調和している様に思えます。

 

麺とスープの相性も抜群です。

あっさりながらも深みある味わいの一杯でした!

シメにお勧めの鯛茶漬け

食後のお勧めはこちらの一品です。

鶏茶漬け

ラーメンの残ったスープをかけて頂きます。

貝出汁塩、鴨醤油のスープをかけて食べると美味しく頂けます。

2杯のスープはそれぞれご飯と合わすと、また、違った魅力を楽しませてくれます。

両方を試してみるのも良いかもしれませんね。

牡蠣風味香る油そば

最後の一品はこちら

牡蠣の塩油そば

麺は多加水の中太麺です。

歯応えの良い麺に、牡蠣煮干し、イタヤ貝、笹川流れの塩を用いたタレや牡蠣油がしっかりと絡んでいます。

 

トッピングは牡蠣のアヒージョや角切りチャーシューです。

そして牡蠣ペーストも

この牡蠣ペーストを麺に絡めたり、全体に混ぜたりする事で、より牡蠣の風味を強くし頂く事が出来ます。

鴨出汁スープがついてきます。

そのまま飲んでも良し、麺につけても良しとの事です。

香りが強めなので、牡蠣風味満点な麺と合わせるとちょうど良いかもしれません。

まとめ

新潟空港近くにオープンした「麺屋 玄洋」

貝塩ラーメン、鴨醤油ラーメン、牡蠣の塩油そばの3品をご紹介しましたが、それぞれ全く異なる個性を持つ一杯でした。

こだわりを感じさせてくれる各種メニューをぜひ一度お試し下さい!

 

麺屋 玄洋の詳細

コメント