のろし 本店 西区寺尾のデカ盛り系! 台湾まぜそばも提供

新潟市西区の「のろし 本店」

西区寺尾にのろし本店がオープン

こちらは、2019年10月にフットサルクラブエフスリー寺尾の向かいにあった侍元の跡地にオープンしたお店です。

こちらのお店の他にも、安田店、新発田店、長岡神田店、長岡宮内店などがあります。
過去には、新潟市にも白根店、粟山店がありましたが、現在は閉店している為、現状では新潟市唯一のお店という事となります。

また、「のろし」という古くからあった安田店が本店的なイメージでしたが、こちらが「本店」という扱いとなる様です。

スポンサーリンク

デカ盛り系の一杯

のろしが提供する定番の一杯がこちら

ラーメン(肉1枚)

モヤシ、キャベツ等の野菜がたっぷりとのっています。

+120円で「野菜増し」も可能なので、更なるボリューム感を体験する事も可能です。

スープ

白濁した豚骨スープに醤油ダレという構成です。

白湯スープは、そこまで濃厚ではないものの、豚の旨味がしっかりと出ています。
浮き脂によるコクもあり、適度なこってり感となっています。

醤油ダレ等の旨味も強めで、動物系の旨味とのバランスも良いですね。

ガッシリとした食感の太麺です。

ツルツルとした表面で硬めの質感の麺には、醤油風味が染み込み、スープや脂も表面に程よく絡みます。

 

厚くカットされた豚バラ肉のロールチャーシューは、柔らかく味の染み込みも良かったです。
たっぷりと食べたい方は、2枚、3枚、5枚と増量版を注文すると良いでしょう。

しっかりとした旨味の豚骨醤油スープのラーメンは、たっぷりのモヤシやキャベツにより、ボリュームたっぷりな一杯でした!

旨味たっぷりの台湾まぜそば

続いてはこちらの一品です。

台湾まぜそば

各種具材がのった汁なしタイプの一品です。

麺はガッシリ太麺!

丼の底には強い旨味の醤油ダレと脂があり、麺や具材をしっかりと混ぜて頂きます。

麺には旨味たっぷりのタレがしっかりと絡みます。

各種具材の食感や味などが良いアクセントとなります。

追い飯がついてくるので、麺を食べ終わった後、最後にのこったタレや具材に投入し、しっかりと混ぜて頂きます。

太麺の迫力のみならず、追い飯により最後まで美味しく一品でした!

テーブル調味料

テーブル調味料の各種

醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー(あらびき)、唐辛子、おろしニンニクが置いてありました。

ニンニクでラーメン6や台湾まぜそばに香ばしさやジャンク感を加えても良いでしょう。

まぜそばに、定番の酢で酸味、ラー油、唐辛子で辛味を加えてみるのも面白いかもしれません。

まとめ

新潟市西区にオープンした「のろし本店」

デカ盛り系に加え、旨味たっぷりのまぜそばを堪能してみて下さい!

 

のろし 本店の詳細

コメント