味の店 ちづる あっさりスープの中華そばと炒飯のセット

新潟市中央区の「味の店 ちづる」をご紹介したいと思います。

昼は中華そば、夜は唐揚げの二毛作営業

こちらのお店は、2020年9月に、新和の笹出線と新幹線が交わる辺りにあった三宝亭 独立支援ラボの跡地にオープンしたお店です。

昼と夜で営業スタイルが異なる二毛作営業となっており、昼営業では中華そば等をメイン、夜営業では唐揚げ、油淋鶏、チキンナゲット、唐揚げ弁当、油淋鶏弁当、からあげ餃子弁当、唐揚げ餃子焼売弁当、ちずるバーガーなどを販売しています。

スポンサーリンク

定番のちずるセット

看板メニューはこちら

ちずるセットA炒飯

中華そばと半チャーハンのセットです。

 

中華そば

トッピングのワカメが昔ながらの中華そばテイストを感じさせます。

 

スープ

あっさりとしたスープは、しっかりとした旨味があります。

素材等は未確認ですが、魚介を効かせた清湯スープでしょうか。

風味の良い油も良い仕事をしています。

 

見た目からは予想外のパツパツとした食感の細麺です。

 

昔ながらの雰囲気を出しつつ、今風の仕上がりとなったネオレトロな一杯でした。

クオリティも高く美味しい一杯でした。

 

半炒飯

しっかりとした濃い味付けで、しっとり食感のチャーハンです。

具材としては、刻みチャーシュー、玉ねぎ、玉子、刻んだナルトが使われていました。

上にのった茶色のものは、パッと見は肉団子風ですが、ウズラの卵でした。

 

質の高い中華そばと半チャーハンのセットは、850円という価格設定でした。
値段以上の価値あるセットかと思われます。

たっぷりの野菜がのった一杯

続いての一杯はこちら

野菜タンメン

たっぷりの野菜が使われています。

種類も豊富で、モヤシ、キャベツ、キクラゲ、ニンジン、ニラ、玉ねぎ、豚肉などがのっていました。

 

スープ

あっさりとしたスープはしっかりとした旨味が特徴的です。

上にのった炒め野菜の香ばしい香りや、甘みなどが染み渡っています。

そうした事もあってか、中華そばとは全く異なるタイプのスープとなっています。

 

そうした滋味深い味わいのスープが麺に良く絡みます。

まとめ

新潟市中央区、三宝亭 独立支援ラボ跡地にオープンした「味の店 ちづる」

お勧めのちづるセットは、深みあるスープにパツパツ食感の細麺を合わせた中華そばと半チャーハンのセットでした。

種類豊富な野菜がたっぷりとのった野菜タンメンもお勧めです。

 

味の店 ちづるの詳細

コメント