麺食堂 林 東堀で食べられる煮干し出汁が効いたライト系豚骨魚介

今回ご紹介するお店は新潟市中央区の「麺食堂 林」です。

お店は、「そばの更科」がある建物の2階となります。

 

入り口の階段

竹小町が東堀通り沿いに移転リニューアル

こちらのお店の店主は、以前こちらの店舗のすぐ近くにあった古町ラーメン竹小町を営んでおり、移転リニューアルする形で当地にオープンとなりました。

営業スタイルとしてはそれ程変わらず、正油、塩、つけ麺に加え、餃子やアルコールなどを提供しており、飲んだ後のシメの一杯、または、お店でお酒を飲んだ後にそのまま店を変えずにラーメンを食べられるという様に、古町エリアという場所柄に適した運営方法となっています。

スポンサーリンク

看板メニューの豚骨煮干し

麺食堂林の看板メニューはこちらの一杯です。

正油

パっと見、濃厚な豚骨魚介スープのラーメンに見えますね。

 

スープをすくってみると、、

レンゲにすくったスープを見ると、丼を見た印象よりはライトである事が分かると思います。

スープは、豚骨とウルメイワシをじっくりと煮込んだ出汁とのこと。

しっかりとした煮干し感、また、動物系はある程度強め火加減で抽出された事が予想される白濁したタイプです。
といってもそこまで濃厚ではなく、動物系・煮干しの旨味がしっかりと出た出汁感たっぷりで比較的あっさりとしたスープとなっています。

店内の説明には「塩分控えめ、無化調」と書かれており、確かに出汁感の割りには淡い味わいとなっています。

最近のハッキリとした旨味のラーメンとは違い、優しい味に仕上がっているという印象です。

 

竹小町時代はしなやかな質感で噛み応え強めのタイプが使用されていましたが、移転後はツルツルもっちりな多加水細麺へと変化していました。

飲んだ後のシメの一杯としては、こうしたシンプルなタイプの麺がしっくりくるかもしれませんね。

鯛煮干出汁が効いたあっさり塩

続いての一杯はこちら

スープ

あっさり塩味のスープです。

説明によると、鯛煮干と鶏ガラからとったスープとのこと。
こちらは、火加減抑えめなのか、澄んだ清湯スープでした。

程よい出汁感が効きつつも、淡く優しい味となっていました。

 

あっさり塩に多加水細麺は良く合います。

まとめ

古町ラーメン竹小町が近隣の東堀通り沿いに移転オープンした「麺食堂 林」をご紹介しました。

豚骨と煮干しをじっくりと煮込んだライト白湯魚介スープの「正油」

鶏がら鯛煮干を使用したあっさり清湯の「塩」

古町エリアに行った際に寄ってみてはいかがでしょうか。

 

麺食堂 林の詳細

コメント