麻婆会館 南笹口店 特製青唐辛子ペーストがかかった旨辛「青麻婆麺」

新潟市中央区の「麻婆会館 南笹口店」をご紹介致します。

だるまやグループの麻婆豆腐専門店

新潟市中央区南笹口にオープンしたこちらのお店は、店名の通りに麻婆豆腐を看板メニューとして提供しています。

元々は大福家があった店舗で、その前はダルマ食堂南笹口店として営業していました。
両店ともに各地に店舗を展開する「だるまやグループ」のお店で、今回のお店も同グループ店なので、グループ内のリニューアルオープンという形の様です。

麻婆豆腐、チャーハンがメインメニューとなっており、麻婆豆腐がかかった各種麻婆麺を提供しています。

今回は麻婆麺を2品、辛くないあっさり系を一品ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スタンダードな「真麻婆麺」

まずご紹介するのはこちらの一杯です。

真麻婆麺

 

トロみたっぷりな麻婆餡がかかっています。

麻婆餡はトロみがかなり強く、スープも少量の為、汁無し麻婆麵といっても良い程の状態となっていました。

具材としては、豆腐、挽き肉等が入っており、豆腐の滑らかで柔らかい舌触り、挽き肉の弾力感ある噛み応え、そして餡のトロみなどのそれぞれの食感の対比を楽しめます。

深みある旨味の中に辛味とシビれが効き、味わい深さ満点な仕上がりとなっています。

 

もっちりとした弾力のある麺です。

太さは中位でしょうか。

トロみの強い麻婆餡がしっかりと絡みつきます。

 

スタンダードなスタイルの麻婆麺は、クオリティの高さが際立つ一杯でした。

青唐辛子ペーストがかかった「青麻婆麺」

続いての一杯はこちらです。

青麻婆麺

真麻婆麺とは見た目、色など大きな違いがあります。

 

トロみの強い麻婆餡

上には青唐辛子ペーストがかかっています。

この青唐辛子により、通常の麻婆麺とはまた違った辛味・風味を楽しめます。

こちらは、塩ベースのスープに麻婆餡がかかる形となっていました。

 

そうした旨辛麻婆餡とスープが麺にしっかりと絡みます。

具材の種類も豊富で、豆腐、挽き肉、アサリ、キクラゲ、ネギ、ザーサイなど多彩な食材が使用されていました。

他のお店ではなかなか食べる事が出来ない様なスタイルの麻婆麺でした。

麻婆麺にはライスがお勧め

各種麻婆麺のサイドメニューとしては、ライスがお勧めです。

ライス(180円)

麻婆豆腐とライスが合わないはずがありません。

麻婆餡をかけミニ麻婆飯として頂くと良いでしょう。

あっさり鶏がら醤油

続いてはあっさり系の一杯です。

らぁめん

あっさり鶏がら醤油スープとの事です。

確かに鶏の風味が前面に出ています。

鶏と醤油の相性の良さをストレートの感じる事の出来る鶏清湯醤油スープでした。

 

歯切れの良さが際立つストレート中細麺です。

淡麗系鶏醤油スープに良く合う麺ですね。

具材としては、柔らかい仕上がりのチャーシュー、メンマ、ネギがのっていました。

 

メニュー表には目立たない位置に書かれたこちらの一杯ですが、想像以上に質の高い仕上がりの一杯でした。

 

辛い物がメインのメニュー構成の中で、辛くないあっさり系がある事で、複数人で食べに行く際に辛い物が苦手な人がいる場合などにも利用出来そうです。

まとめ

新潟市中央区南笹口にオープンした「麻婆会館 南笹口店」をご紹介しました。

店名の通り、各種麻婆麺を提供しています。

真麻婆麺は、スタンダードなスタイルの中にも確かなクオリティを感じさせてくれました。

青麻婆麺は、豊富な種類の具材を使用した麻婆餡と塩スープに特製青唐辛子ペーストがかかった一杯でした。

他にも各種メニューを提供しており、色々と試してみたくなるお店です。

 

麻婆会館 南笹口店の詳細

コメント