信吉屋 本町で食べられる昔ながらな味わいの一杯

今回ご紹介するお店は、新潟市中央区の「信吉屋」です。

本町人情横丁にある老舗店

こちらのお店は、本町の「にいがた人情横丁」で古くから営業を続ける老舗店です。

店舗はカウンターのみとなっており、写真の様に戸を開け開放した状態で営業しています。

高い知名度と常連客の多さから開店と同時に座席が埋まり、行列が出来る程の人気となっており、12時過ぎには麺が無くなり営業を終了する事もしばしばあります。

スポンサーリンク

ワンタンが人気

看板メニューはシンプルな支那そばですが、ワンタンがのったワンタンメンが人気メニューとなっており、麺切れで閉店する前にワンタンが先に売り切れる事もある程です。

今回は、そのワンタンとチャーシューが増量された一杯をご紹介したいと思います。

チャーシュウワンタンメン

たっぷりのワンタンがのり、その下にチャーシューが隠れていました。

 

スープ

透き通る様なスープはあっさりとしつつも深みある味わいとなっています。

色を見ても分かる通り、醤油感をあまり感じさせません。
塩ラーメンに風味付けに入れる醤油よりは少し多めで少し色が出た様な形で、昔ながらの支那そばに多いスタイルかなと思われます。

 

ツルツルとした質感の程よくもっちりとした細麺です。

細さと食感の良さもあり、とても食べやすい麺ですね。

あっさりとしたスープに良く合いますね。

 

チャーシューは脂感の少ない肉質で、肉汁が程よく抜け、味が適度に入っています。
昔ながらな定番スタイルのチャーシューはあっさり系スープに良く合いますね。

ワンタンはツルリとした食感、中に入った肉団子の食感と旨味がとても良いですね。
ワンタンメンが人気なのも納得ですね。

まとめ

新潟市中央区、にいがた人情横丁にある老舗店「信吉屋」をご紹介しました。

人気のワンタンがたっぷりとのったチャーシュウワンタンメンは、あっさりながらも深みあるスープと食感良い細麺が楽しめる昔ながらな一杯でした。

 

信吉屋の詳細

コメント