焼きあごらーめん 小池 深みある味わいの濃厚魚介系塩

新潟市東区の「焼きあごらーめん 小池」をご紹介致します。

 

牡丹山に焼きあごスープの新店

こちらのお店は、2021年6月に新潟市東区牡丹山にオープンした新店です。

店名のとおり「焼きあご」を効かせた塩、醤油、つけ麺を提供しています。

今回は、その中から塩と醤油をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

魚介系「焼きあご塩らーめん」

まずご紹介するのは、メニュー左側に記載された看板メニューと思われる一杯です。

焼きあご塩らーめん

 

スープ

メニューの説明によると、焼きあごベースとした数種類の魚介出汁と豚骨を合わせ、淡口醤油、焼きあご香味油で仕上げた一杯との事です。

「焼きあご塩スープ」というとあっさり魚介系をイメージしがちですが、こちらのスープは濃厚な動物系白湯に魚介が効いた形となっています。

動物系の濃厚感に埋もれる事なく、強い魚介感が特徴的です。
焼きあごを出汁素材として適量を使用すると比較的上品な味になりがちですが、こちらは、パンチある魚介風味が特徴的です。
焼きアゴの旨味を活かしつつ、説明にある様に他の魚介素材でベースアップ、そして、味の深みを演出している様に感じます。
他には、最初に口に入る浮き油に焼きあご油を用いている事も大きいかもしれませんね。

説明にある淡口醤油は、濃口醤油に比べ塩分濃度が高く、色が薄い事もあり、塩ラーメンに風味付け等の目的により使用される事が多い醤油です。
醤油感を出し過ぎずに醤油の旨味をうまく活かしている事も深みある味の一因なのでしょう。

 

中細~中位の太さの麺は、歯切れの良さが印象的でした。

ツルツルとした表面の質感で、もっちりというよりは、バッツリとした噛み応えです。

深みある旨味の濃厚魚介系スープの存在感に負ける事の無い主張の強い麺でした。

具材としては、チャーシュー、メンマ、キクラゲ、水菜、ネギ等がのっていました。
チャーシューは厚みがあり、食べ応えがあります。
メンマのコリコリとした食感も良かったですね。

新潟市では珍しいスタイルの「焼きあご塩らーめん」
是非お試し下さい。

魚介が効いた背脂醤油

続いての一杯はこちらです。

背油醤油らーめん

スープ

タイトル通りに背脂が浮いた醤油スープです。

こちらは説明によると、10時間以上煮込んだ豚骨スープとあご出汁のダブるスープに濃口醤油と背油を入れた一杯との事です。

背脂と動物系白湯のコク、そして魚介感、醤油ダレの旨味がうまく調和しています。

スタイルとしては、新潟市で良く見かけるタイプの濃厚系魚介スープを使用した背脂醤油系です。

背脂によりコッテリな仕上がりとなっていますが、浮き油が目立つ事もあってかスープ自体は塩の方が濃厚で魚介感も強いと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

多加水でツルツルもっちりとした食感で太めな麺です。

背脂醤油スープにはこうしたスタンダードな太麺が良く合いますね。

サイドメニューも提供

こちらのお店では、各種サイドメニューも提供しています。

まずはこちら

半チャーハン

単品では300円、ラーメンとのセットの場合は+220円のお得価格で頂く事が出来ます。

味付け濃いめで硬めに仕上げられたチャーハンです。
具材としては、刻みチャーシュー、玉子等が入っていました。

あっさり醤油ラーメンに合いそうなハッキリとした味の炒飯ですが、こちらのお店の濃厚こってり系のラーメンと合わせるのも良いですね。
ガッツリと食べたい方にお勧めです。

 

続いてはこちら

手巻き餃子

価格は5ヶ  300円、10ヶ  550円となっています。

もっちり皮にカリカリとした焼き色をつけています。

半チャーハンとともにラーメンのサイドメニューにお勧めの一品です。

まとめ

新潟市東区牡丹山にオープンした「焼きあごらーめん 小池」をご紹介しました。

焼きあご塩らーめんは、濃厚な動物系の旨味と焼きアゴを中心とした魚介の出汁感が絶妙に合わさった一杯でした。
是非一度お試し下さい。

 

焼きあごらーめん 小池の詳細

コメント