ラーチャン家 大形店 定番「ラーチャン」の変化系「味噌タンメン半チャーハンセット」

新潟市東区の「ラーチャン家 大形店」をご紹介したいと思います。

 

 

逢谷内インター近くで食べられるラーチャン

こちらのお店は、2022年3月に逢谷内インターから新潟空港インター方面に向かう途中の左側にオープンしました。

ラーチャン家は、2015年に女池に1号店がオープンして以来、バスセンター店、古町店、長岡店と店舗を拡大し、こちらが5店舗目となります。

定番メニューの「ラーチャン」は、新潟市で古くから提供されているあっさりラーメンと半炒飯のセットの事です。

こちらのお店では、あっさりラーメンの中華そばの他、煮干し中華そば、平打ち煮干し中華そば、タンメン、背脂タンメン、味噌タンメン、背脂味噌タンメン等を提供しており、各種ラーメンと半チャーハンのセットを提供しています。

今回は、定番のラーチャンではなく、変化系のセットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

味噌タンメンと半チャーハンのセット

今回ご紹介するのはこちらのセットです。

味噌タンメン半チャーハンセット

味噌タンメンと半チャーハンのセットです。

味噌タンメンは背脂入り版もありますが、今回はシンプルな背脂無し版となります。

 

味噌タンメン

たっぷりの野菜がのっています。

使われている具材は、モヤシ、キャベツ、キクラゲ、タマネギでした。

 

スープ

あっさり系の味噌スープです。

味噌の風味が強めで、上にのった野菜等の味も溶け込んでいるかと思います。

また、上に浮いた油が香ばしい風味とコクを与えてくれます。

 

メニューによるとシンプルな中華そばは細麺、味噌タンメンは中太麺との事です。

中太麺という程の太さには感じず、細めなタイプかと思いましたが、ツルツルもちもちとした質感があっさり味噌スープと良く合っていました。

セットの半チャーハン

ラーチャン家といえばやはりこちらです。

半チャーハン

硬め食感が特徴的です。

味付けも濃いめであっさり系のスープと良く合います。

ラーメンスープと交互に食べるのがお勧めです。

各種調味料でお好みの変化を

客席常備の調味料はこちらです。

ホワイトペッパー、一味唐辛子が置いてあります。

お好みでスープに変化を与えると良いでしょう。

また、半チャーハン用に紅生姜も常備されています。

 

店員さんにお願いすると、にんにく、お酢、割スープ、ラーメンだれを出してもらえます。

にんにく、ラーメンたれ

あっさり味噌スープにはおろしニンニクが与えてくれるインパクトが良いですね。

ラーメンだれは、醤油ラーメン用だとは思いますが、味噌スープにアクセントを与える事も可能です。

 

割スープ

食後にお店の人に割スープをお願いすると、自分が食べたラーメンが何の種類だったかを確認されました。
恐らくはラーメンごとに提供する割スープが違うという事なのでしょう。

ちなみに、こちらの割スープは強い魚介感などはなく、動物系がしっかりと出た清湯スープでした。

以前こちらの系列店の仕込みについての取材をさせてもらった際は、動物系と煮干し等の魚介を一緒に1本の寸胴の煮込んでいましたが、当時と比べメニューが増えた事で複数のスープを取る様に変わったのかもしれませんね。

まとめ

新潟市東区にオープンした「ラーチャン家 大形店」をご紹介しました。

あっさりスープのラーメンと半炒飯のセット「ラーチャン」を看板メニューに営業しているお店です。

今回ご紹介した「味噌タンメン半チャーハンセット」は、あっさり系味噌スープとたっぷりの野菜を楽しめる「味噌タンメン」と硬め食感が際立つ半炒飯のセットでした。

他にも多数の半チャーハンセットを提供しているので、是非色々と試してみて下さい。

 

ラーチャン家 大形店の詳細

コメント