中華そば 吉田屋 重厚な旨味たっぷりな濃厚系ニボスープの「濃厚煮干そば」

今回ご紹介するお店は、新潟市東区の「中華そば 吉田屋」です。

竹尾インター近くのお店がリニューアル

竹尾インター近くにあるこちらのお店は、元々はデカ盛り系等を提供していた「麺屋 仁」として営業していましたが、リニューアルし「中華そば 吉田屋」としてオープンしました。

提供しているのは、煮干しを効かせた濃厚系・あっさり・つけ麺、また、麻婆麺等です。

今回はその中から2品をご紹介したいと思います。

濃厚系な濃厚煮干そば

吉田屋の看板メニューはこちら

濃厚煮干そば

スープ

トロみたっぷりのスープは濃厚な仕上がりです。

各種素材を使用した動物系白湯の旨味に加え、煮干しも程よく効いています。

重厚感ある飲み応えのスープでした。

 

中位の太さでもっちり弾力感のあるタイプです。
少し縮れもあります。

スープのトロみが強いので、麺にたっぷりと濃厚系ニボスープが絡みます。
麺とスープの相性も良いですね。

 

具材としては、チャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、キクラゲ、三つ葉がのっていました。
色々な具材がそれぞれの食感の違いを楽しませてくれました。

また、各種具材は濃厚系スープとも良く合っていました。

 

旨味たっぷりでインパクトある味わいの濃厚系ニボスープの一杯でした。
クオリティの高い一杯だったので、是非一度お試し下さい。

スポンサーリンク

あっさりニボ系スープの清湯中華そば

続いての一杯はこちらです。

清湯中華そば

 

スープ

煮干しが香るあっさり醤油スープです。

スープ表面からは、煮干しの強めの煮干しが漂います。
油にも煮干しを用いている様ですね。
その油が、煮干し風味に加え、コク深さを与えてくれています。

また、油がフタがわりとなるのか、スープと麺は食べ終わるまで熱々の状態となっていました。

スープは、あっさりとしていながらも、しっかりとした出汁感を楽しませてくれました。

 

程よくパツパツとした食感のある細麺でした。

ニボ系スープにはこうしたパツパツ麺が良く合いますね。

 

濃厚系ニボスープの「濃厚煮干」のみならず、こちらもレベルの高い一杯でした。

お冷がペットボトル

一般的にお冷はコップで提供されますが、こちらのお店ではペットボトルの水が出てきました。

なかなか珍しい取り組みですね。

1本目は無料ですが、追加のお冷は50円となっています。
といっても、ラーメン一杯を食べるのにペットボトル1本は十分な位です。

残ったペットボトルのお水はお持ち帰りも可能です。

まとめ

新潟市東区、竹尾インター近くにオープンした「中華そば 吉田屋」をご紹介しました。

看板メニューの「濃厚煮干そば」は、トロりとしたとろみある濃厚系ニボスープの一杯でした。

「清湯中華そば」は、あっさりながらも厚みあるボデイ感を楽しめるニボ系醤油スープを楽しめます。

他にも数種のラーメンを提供しているので、何度行っても楽しませてくれそうなお店です。

 

中華そば 吉田屋 竹尾店の詳細

コメント