手打ちラーメン 太安亭 背脂醤油スープに極太麺、たっぷりの磯のりがのった一杯

新潟市南区の「手打ちラーメン 太安亭」をご紹介致します。

南区8号線沿いで食べられる本場の背脂醤油

8号線沿いにあるこちらのお店は、本場の燕系背脂醤油ラーメンが食べられるお店として人気を博しています。

今回は定番の背脂醤油ラーメンにたっぷりの磯のりがのった一杯、濃厚な味わいの炒めもやしがのった一杯、塩味のタンメンをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

たっぷりの磯のりがのった背脂中華

まずご紹介するのはこちらの一杯です。

磯のりラーメン

品名通りにたっぷりの磯のりがのっています!

 

スープ

醤油味のあっさり清湯に背脂が浮いています。

背脂量は大油から油なしまで、細かく量の変化が可能とのこと。

今回は特にお願いしていないので、普通油となります。

 

極太麺は強烈な迫力です。

見た目通りに強い歯ごたえです。

多加水でツルツルした質感の麺に背脂がしっかりと絡みます。

 

インパクト満点な一杯でした!

炒めもやしがのり濃厚な味わいの一杯

続いての一杯はこちら

炒めもやし中華

たっぷりの炒めモヤシの上にチャーシュー、刻みたまねぎがのり、かなり具沢山な一杯となっています。

炒めモヤシには、豚肉、ニラなども入り、濃いめの味付けで脂も多めに使われているので、かなり濃厚な味わいとなります。

 

そして、その炒めモヤシの味がスープに混ざり、通常の背脂醤油とはまた違った味わいとなります。

濃いスープの味や脂が麺に絡みます。

スープ、油の馴染み方は通常の背脂醤油以上ですね。

炒めモヤシの濃い味がスープに行きわたり、更なる濃厚感を楽しめる一杯となっていました。

濃厚系「塩タンメン」

ラストの一杯はこちら

塩タンメン

豚肉、キャベツ、モヤシ、玉ねぎ等の炒め野菜、刻みタマネギ、カイワレがのり、野菜たっぷりな仕上がりです。

背脂の脂身は浮いていませんが、液状の油は他の2杯と同様に多めに浮いています。

スープは塩味となっており、背脂醤油と比べると、醤油風味が無い分、若干控えめでさっぱりとした味わいです。
といっても、脂多めなので、濃厚感はたっぷりです。

 

麺はこちらも極太麺です。

醤油スープ程に麺へのスープの染み込みはありません。

スープの絡みが控えめな分、より麺の存在感を楽しめるかもしれません。

お好みで醤油ダレをプラス

味が薄いと感じる方はお願いすると醤油ダレを出してくれます。

お好みで塩分、醤油風味、旨味をプラスする事が出来ます。

まとめ

新潟市南区、旧白根8号線沿いで本場の背脂醤油ラーメンを提供する「手打ちラーメン 太安亭」

定番の背脂中華のみならず、炒めモヤシがのった一杯、塩タンメンなども提供しています。

機会があれば是非お試し下さい!

 

手打ちラーメン 太安亭の詳細

コメント