新潟三宝亭 万代ラボ ラブラ万代で食べられるトロみたっぷり麻婆麵

今回ご紹介するお店は、新潟市中央区の「新潟三宝亭 万代ラボ」です。

ラブラ万代に三宝の新ブランドがオープン

こちらのお店は、2022年12月にラブラ万代の2階にオープンしました。
元々はシュークリームやレーメンなどで有名な「MIMATSU CAFE ラブラ万代店」があった場所となります。

店名の通り新潟県内外に店舗を展開する三宝グループのお店です。

ここ数年の三宝の看板メニュー2品、定番の一杯、そして御飯物などが食べられます。

お店の中は左右に分かれて2つの業態となっており、左側は麺類等を提供しており、右側では麺類はなくご飯物などをメインに提供している様です。
お昼時は左側の方が混んでいる事が多いので、急いでいる場合は右側で食事していくと良いでしょう。

今回は、麺メニューからインパクト満点な一杯をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

旨辛マーボーメン

今回ご紹介するのはこちらの一杯です。

全とろ麻婆麺

見た目からも刺激たっぷりな事が容易に想像出来るかと思います。

 

麻婆餡

スープというよりは、ほぼほぼ全体が麻婆餡となっています。

かなり強いトロみが特徴的です。
「全とろ」というタイトルは伊達ではありませんね。
「食べ進めると餡のとろみが弱くなる」
とメニューに書いてあり、一般的なスープに麻婆餡をかけるスタイルなのかとは思いますが、序盤はほぼ一体化していると感じさせる程に、餡のトロみのインパクトは強烈です。

また、辛味やシビレがあり、かなりスパイシーさが際立っていました。

トロみや刺激の迫力は強烈でした。

 

少し太めで中位の太さの麺です。

麻婆麺には細麺が使用される事が多いですが、こうしたタイプの麻婆餡にはこの位太めで、歯ごたえがある麺の方が良く合いますね。

当然の事ながら、トロみの強い餡はこれでもかという程に麺に絡んできます。
そうした事もあり、麺をすするごとに刺激的な餡が口の中にたっぷりと運ばれてきます。

 

強烈なインパクトを放つマーボーメンでした。

お昼時はライス無料

こちらのお店では、お昼時(15時まで)はライスが無料となっています。

無料のライス

そのまま麺類と交互に食べても良いですが、ここはやはり麻婆麺とともに頂くという事で、麻婆飯として頂く事にしました。

 

セルフミニ麻婆丼

麻婆豆腐とご飯の相性は最高ですね!

前述の通り、食べ進めると麻婆餡のトロみが弱くなるので、麺を食べる前に麻婆餡をかけて麻婆丼にする事が推奨されています。

ぜひミニ麻婆丼もお楽しみ下さい!

まとめ

新潟市中央区、ラブラ万代の2階にオープンした「新潟三宝亭 万代ラボ」をご紹介しました。

全とろ麻婆麺は、かなり強いトロみと刺激的でスパイシーな麻婆餡の味がインパクト大です。

ライスを注文しミニ麻婆丼として頂くのもお勧めです!

 

新潟三宝亭 万代ラボの詳細

コメント