らぁめん 倉井 深みある醤油風味が活きた一杯

新潟市中央区の「らぁめん 倉井」をご紹介したいと思います。

古町にオープンした関東スタイル淡麗系

こちらのお店は、2020年2月に古町の西堀通り8番町にオープンとなりました。

提供しているのは、東京・神奈川など関東で主流になっている淡麗系醤油スープの一杯です。

スポンサーリンク

醤油風味が活きたあっさり淡麗系

看板メニューはこちらの一杯です。

醤油らぁめん

スープ

あっさり醤油味のスープからは、醤油の香りが漂います。

風味の強い醤油なども使っていると思われ、醤油の味が際立ちます。
といっても醤油の味のみが目立つ訳ではなく、醤油の奥に隠れる厚みある動物系等の出汁感などが下支え的になり、バランス良く整えられています。

浮いているのは鶏油でしょうか。
この良質な脂のコク深さがスープと合わさり、あっさりスープに程よいコッテリ感を与えます。

 

綺麗に整えられた麺線が目を引きます。

かなり細めのストレート麺に深みあるスープを適度に絡み、一口ひとくちが印象的なものとなります。

 

トッピングとしては、チャーシューや穂先メンマなどがのっていました。

チャーシューは、レア感があり、弾力感と強めの歯ごたえとなっていました。

 

関東では既に主流となっている醤油清湯スタイルでしたが、新潟にはまだこうしたスタイルはそれ程多くはありません。
こちらのお店が提供する醤油ラーメンは、その中でも高いクオリティとなっており、東京の味をそのまま新潟に持ってきた様な一杯でした。

煮干しが効いたあっさり味

続いての一杯はこちら

煮干醤油らぁめん

スープ

煮干しが強めに効いたスープです。

 

醤油同様に綺麗な麺線となっています。

あっさり煮干しスープが好きな方にお勧めです。

ミニ丼も提供

サイドメニューとしてミニ丼も提供しています。

肉めし(200円)

チャーシューの切り落としを炙り香ばしく仕上げたチャーシュー丼です。

続いてはこちら

卵かけめし(名古屋コーチン)

ご飯に生卵とかつおぶしがかかっています。

そのまま食べても良いですが、ラーメン茶漬け的にスープをかけ、スープに生卵のまろやか感を加えるといった組み合わせを楽しんでみるのも面白いかもしれません。

まとめ

新潟市中央区古町にオープンした「倉井」

醤油の風味を前面に出した淡麗系醤油を提供しています。

新潟には、東京より様々な新しいスタイルが伝わってきていますが、今回ご紹介したスタイルの醤油ラーメンはまだそれ程多く進出してきていません。
新潟をメインに食べ歩く方にとっては、東京の味を知る事が出来る貴重なお店になりそうです。

機会があればぜひ食べに行ってみてはいかがでしょうか?

 

らぁめん 倉井の詳細

コメント