尾道らーめん 七鐘屋 深みある醤油風味が効いたあっさり魚介醤油

今回ご紹介するお店は、長岡市にある「尾道らーめん 七鐘屋」です。

長岡市で食べられる尾道らーめん

長岡市蓮潟にあるこちらのお店では、店名の通り「尾道らーめん」を提供しており、またその他にも、多種多彩なオリジナリティ溢れるメニューを取り揃えています。

今回は定番の一杯と他店では食べる事が出来ないオリジナルなスタイルの一品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

定番「尾道らーめん」

まずは看板メニューのこちらの一杯です。

尾道らーめん コクうま

メニューにはもう一つ「コクうまと(しょうゆ・太麺)」という品がありますが、違いは麺の太さのみで、スープ等は同じとのことです。

 

スープ

あっさり醤油に背脂が浮き程よいこってり感となっています。

小豆島産の醤油を使っているとの事で、深みある醤油の風味がとても特徴的でした。
スープの上には甘味がありコク深い背脂が浮いている事もあってか、スープ全体から豚風味が漂っていました。

出汁は、瀬戸内海で獲れた小魚等を用いた魚介スープとの事です。
深みある醤油風味と豚の香りに隠れ気味となりつつ、しっかりとした出汁感が全体のベースアップに貢献しているという印象ですね。

背脂の脂身は、大き目で柔らかくトロける様な舌触りで、背脂自体にもスープ・タレの味が染みているのか、風味豊かなコク深さを演出してくれていました。

 

平打ちの細麺は、滑らかな質感で、パツリとした食感が特徴的です。

深みあるあっさり醤油スープに良く合いますね。

 

新潟ではなかなか食べる事が出来ないスタイルの一杯でした。

個性的な塩担々麺

続いての一杯はこちら

ブラック塩担々麺

一般的な担々麺とは全く異なるテイストの一杯ですね。

上に浮いた黒(マー油)と赤(ラー油)の2種の油がスープに香ばしさと辛味といった強いアクセントを与えています。

あっさりとした塩スープはサラリとした口当たりで、マー油とラー油に隠れ気味ながらも、しっかりとした出汁感を漂わせていました。

まとめ

長岡市にある「尾道らーめん コクうま」をご紹介しました。

尾道らーめんは深みある醤油風味と豚・魚介の香りを楽しめる一杯です。

ブラック塩担々麺は、他のお店ではお目にかかる事が出来ないオリジナリティあるテイストな担々麺でした。

 

尾道らーめん 七鐘屋の詳細

コメント